ナイトアイボーテ 奥二重から二重

ナイトアイボーテ


>>公式サイト<<

 

ナイトアイボーテを使った奥二重のあの子がぱっちり二重に変身した秘密を大暴露

 

幼なじみのF子がやぼったい小、中学生時代から一転し華やかな高校生になった秘密とは…

 

ナイトアイボーテ

 

厚ぼったい一重の私と奥二重のF子と小学生時代

 

私の近所に住む幼なじみのF子とは小学校の時はよく学校に一緒に行く仲だったんだ

 

私は一重だったし彼女も一重?か奥二重だったと思う。はっきりとした記憶なないけど

 

とにかく私たちはパッとした顔立ちではなく、リコーダーがよく似合う印象の薄い、

 

やぼったい感じの小学生でした。

 

ナイトアイボーテ

 

一重から二重に?中学生時代

 

私が中学に入ってから隣の席になったのが、学年でも1,2位ぐらいの超可愛い友達のM子

 

ぱっちり二重に可愛い目、小さく整ったフェイスラインで何といっても顔が小さい。

 

女の私が見ても超可愛いって思うぐらいで、将来はモデルか芸能人だなって思う感じの娘

 

M子は可愛いだけではなく周りに人が集まってくる普通の人とは違うオーラをもった娘

 

そのM子と仲良くなってからは小学校時代のやぼったい感じから一転し

 

可愛い子たちが集まるグループの中にいるようになり、F子とはほとんど、しゃべることがなくなったんだ

 

私たちのグループは(というかM子のグループだけど)はすぐにオシャレに興味を持ち

 

お昼休みや放課後なんかもファッションやメイクなどの話で盛り上がり

 

そのグループの友達からアイプチで二重にすることをすすめられて、

 

そこから私の二重への道が始まったんだ。

 

私は厚ぼったい一重だったので、思うような二重が作れなかったんだけど、

 

それでも鏡を見てまぶたに塗るってのはちょっと大人になった気分で、

 

「私は普通の娘達とは違うよ」見たいな少し高飛車な感じだったと思う。

 

そんなちょと華やかだった中学生活も終わり、また一転してやぼったい高校生に逆戻り…

 

ナイトアイボーテ

 

やぼったい一重の高校生活

 

私の行った高校はクラブ活動が盛んなので、おしゃれとかに興味がある娘が

 

少なかったんだ。なので周りの影響もあって、私もおしゃれや二重への道からも

 

遠のきはじめて、学校の中ではそれが当たり前だったんだけど、学校の以外の

 

通学中や、休みの日もそうだけど、顔から服装まで、田舎の高校生?ぐらいに

 

やぼったい感じだったと思う。

 

ナイトアイボーテ

 

久しぶりに会ったF子が…

 

そんな高校生活3年の最後の夏休みに友達と大型のプールに行くことになったんだけど、

 

さすがに外出なので、自分の中では一番おしゃれだと思う服装に…

 

友達の中では一番可愛いと思う花柄の普通の水着。当時の私からすれば

 

それでもがんばった方だったけど、異性を意識する事もなく、プールで遊んでいたんだけど

 

そこで、久しぶりにF子に会うことに…

 

私たちが流れるプールで遊んでいて休憩の合図がありプールの外に上り

 

しゃがんで休憩時間が終わるのを待っていると

 

まぶしい太陽の方向からモデル歩きで近づいてくる複数の女性がいたんだ

 

ナイトアイボーテ

 

太陽の日差しがまぶしくて顔がよく見えなかったんだけど

 

一人の女性を先頭に二人の女性が左右に分かれ少し後をついて来るような

 

可愛い小さめの白いビキニになぜかヒールのようなサンダルで腰を左右にふりながら

 

このプールは私たちの物よ!ぐらいのまぶしいオーラを放った彼女達は

 

まさにモデルのような感じ!何かの撮影?カメラがあるの?って思ったんだけど

 

まぁ私には縁のない話だわなんて思いながら、彼女達の方を見ていると

 

その彼女たちが私たちの方に歩いてきて先頭の女性が腰に手をあててこう言ったの

 

「久しぶり!」

 

エクストラリッチローション

 

最初は私に声を掛けたんじゃないと思って口をポカンと開けて見ていたんだけど

 

「私だよ、わからない?」

 

私はしゃがんでいて見上げる形だったので、誰かわからなかったんだけど

 

その声はなんとなく聞き覚えのある声

 

立ち上がって顔を見たら、ぱっちり二重に可愛い目、小さく整ったフェイスラインに顔が小さい

 

つけまと、メイクもばっちりで女の私が見ても可愛いというか綺麗な女性?

 

中学の隣の席のM子?と思ったがちょっと違う

 

「私だよF子だよ」

 

え?F子?そこまで言われてもあまりの変身ぶりに頭の中が???

 

「マジでぇ〜 あの印象の薄い奥二重のエフ子〜」

 

そう彼女は私の近所に住む幼なじみのF子だったんです!

 

彼女も友達と来てたのでその場は「またね!」で行ってしまいましたが

 

自分の今の状況とのあまりの違いぶりに、開いた口がふさがらず

 

なんか恥ずかしくなって、そそくさと帰ってきたのを思い出します。

 

後日、彼女に会って変身ぶりを聞いてみました。

 

奥二重のF子がぱっちり二重になった秘密とは…

 

ナイトアイボーテ

 

プールであった時はメイクもしていたので、アイプチで二重を作ったんだなって思っていたんだけど

 

学校から帰ってきてから会ったF子はノーメイクのままでも、ぱっちり二重の可愛いF子に変わっていた。

 

実は中学生時代のF子も奥二重に悩んでいて、私のクラスの可愛いM子にあこがれていたそうです。

 

中学時代からアイプチを使って二重にしていたみたいだけど印象が暗いF子とは

 

あまりしゃべることがなかったので、F子が奥二重を気にしていたことは全く知らずに

 

そのまま別々の高校に行ったので、ほとんど会話もすることもなく

 

F子の行ってる高校はこの辺でも、派手で有名というか、学校に行ってる時でもメイクをしている子が多い

 

そんな環境なので、F子もメイクをするようになり、本格的に二重も目指したんだとか

 

アイプチやアイテープなどいろいろ使っていたみたいだけど、なかなかならずに

 

友達にナイトアイボーテをすすめられて使ってみたら意外と早い段階で二重のクセが付いたとか

 

F子が言うには奥二重の人はすでにラインがあるので、そのラインを活かして

 

少しずつ幅を広げていくのがコツらしい

 

昼間のアイプチのラインもナイトアイボーテと同じ幅薄なラインで作り

 

昼も夜も常に同じラインを意識することで、二重のクセは早くついたとか

 

そうしてしばらくするうちに完全に二重のクセがついてきたので

 

徐々に幅を広げていき今のぱっちり二重になったとか

 

もちろんそれだけではなくまぶたの筋力を上げるまぶた体操

 

目の周りを引き締める夜用のナイト美容液なども付けいているそうで

 

高校生にしては美意識が高いんだなって感じました。

 

私なんかは高校に入ってからは美の意識なんて全くなく

 

美どころか服装ですらファッションセンターしまむらで、済ます始末だったので

 

あまりの状況の違いにがっくりして帰ってきて、

 

さっそくナイトアイボーテやナイト美容液、まぶたのマッサージなる本をネットで買いました。

 

そこから厚ぼったい一重の私が、ぱっちり二重になるべく挑戦が再び始まるのでした…

 

つづく

 

>>ぱっちり二重になれたF子おすすめのナイトアイボーテはこちら